YOSAKOIソーラン祭り公式サイトYOSAKOIソーラン祭り公式サイト

2023年 第32回YOSAKOIソーラン祭り 6月7日(水)~11日(日)開催!

開催速報REPORT

2022年6月12日(日)23:00 更新
第31回YOSAKOIソーラン祭り
6⽉12⽇(日)開催レポート

祭りが、帰ってきた!
YOSAKOIソーラン祭りは、
新たな舞台へ。 

3年ぶりに迎えた祭りも、あっという間に最終日。
待ち焦がれ続けた5日間の非日常は、興奮のうちに幕を閉じました。

昨日に続き、札幌市内の多くの会場で演舞が繰り広げられたのに加え、今年の新たな取り組み「サテライト会場」が帯広市と東神楽町で開催。
地域の皆様に身近に足を運んでいただける会場で、道内各地でも祭りを楽しんでいただきました。

メイン会場の大通公園は夕方が近づくにつれさらに期待と興奮につつまれていきます。
この日曜夕方の雰囲気も、3年ぶりです。
高揚する踊り子たち、祭りのクライマックスを見届けようと集まった観客の熱気で会場に緊張感が漂う中、15時からファイナルステージ第一部がスタート。

まず行われたジュニアファイナルでは、室蘭市の「AJG KIDS」が悲願の大賞を受賞!何度も入賞してきたジュニアの名門チームが、初のジュニア大賞を手にしました。

また、カナモトホール会場で実施されたU-40大会二次審査では、「JR九州櫻燕隊」が3度目のU-40大賞を受賞。チームの代名詞ともいえるキレのある動きで観客を魅了しました。

ファイナルステージ第一部・二部の間には、大通パレード会場で「ファイナルパレード」と「30周年企画パレード」を開催!
今年最後のパレード演舞に、桟敷席の満員の観客から惜しみない拍手が送られました。

そして、すべての視線が大通公園西8丁目のメインステージに注がれるなか、18時半頃からファイナルステージ第二部が開催。
新人賞や北海道知事特別賞など、さまざまな受賞チームの演舞が披露されたあと、いよいよファイナル審査が行われ、「今年もっとも観る人の心を動かし感動を届けたチーム」=YOSAKOIソーラン大賞が決定。

第31回YOSAKOIソーラン大賞は初受賞、「北昴」に決定!新たな大賞チームの誕生です。
力強く押し寄せるような演舞で、観る人を圧倒しました。

5日間にわたり開催された第31回YOSAKOIソーラン祭り。
これまで当たり前にあった祭りが無くなった2年間、「本当にまた祭りができるんだろうか?」そんな不安を抱えながら、多くの皆さんと、手探りでなんとか前に進んできました。
今日ここに無事閉幕を迎えられたこと、応援してくださった皆様に、心より感謝申し上げます。

すべてが“今までどおり”にできた祭りではありませんでした。
それでも、街に、私たちの祭りが帰ってきました。

「TO THE NEXT STAGE」YOSAKOIソーランは、新たなステージへ。

この先さらに50年、100年と、地域に愛され続いていく祭りとなるように。これからも歩みを進めていきます。
来年のYOSAKOIソーラン祭りにもご期待ください!
また6月、この場所でお会いしましょう!

ファイナルステージ

ジュニア大会

U-40大会